2010年9月18日 (土)

テキスト編集アプリはこれで

18_23_38_21_2

スタメン:simplenote

テキスト編集はこれだ~!

18_23_38_36_3

18_23_38_28_4

iPhoneの画面

iPhone、iPad、PCでデータを常に同期した状態で作業できる。入力のしやすさは、画面、キーボードの大きさなど、どう考えても PC>iPad>iPhone だが、起動の速さなど、機動力はこの逆。総合力でiPadが一番作業しやすいかも。状況に合わせて入力ツールを変えられるのが最大のメリット。
同様のことは(それ以上のことが)evernoteでできるのだが、機能が多い分、動作が重かったり、メモリ不足して落ちたりと、不安定だ。simplenoteは軽快動作で快適、安定。
登録はメールアドレスと希望のパスワード。
iPhone、iPadはアプリ simplenoteで、PCはブラウザでHPにアクセスし、作業をする。
PCのサイトは、デザインはカッコいいが、編集画面が多少狭くなってしまう。Firefoxユーザーなら、画面一杯に表示するGreasemonkeyスクリプトがあるので、コレをインストールして使うのがオススメ。
分類はタグだけだが、これで十分。編集が終わったデータは、メールでevernoteにバックアップしてしまえば、より詳細に分類、保存ができる。

18_23_38_46

iPadの画面

ただし、最新Ver.3.0.3でiPadでの入力に難あり。
キーボード切替を行うと、画面が切替のたびに上方にずれていき、見えなくなってしまう。iPadを回転させて縦横表示の切替をすると正常に戻るが、キーボードを変えるたびに縦横も切り替えるのではやってられない。早急にバグ修正をして欲しい。Bluetoothキーボードであれば問題無し。
iPhoneのアプリは特に不具合はなさそう。

最新Ver.のアプリのアイコンは綺麗でカッコいい。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010年8月26日 (木)

カレンダーは同期して便利に使う

スタメン:カレンダー(標準アプリ)

ベンチ:CalenGoo(800円 ユニバーサルアプリ)

0C30AFE9-51FC-49D3-B2B7-4F81A05B60C2

標準のカレンダーはやっぱりシンプルで美しい。
アイコンが日付に合わせて変わるのも標準アプリならでは特権で、何日かひと目で分かるのはとても便利。文句なくスタメンで、下段ドッグに配置している。

DF29E3F7-37A9-4D0A-BDD0-E632F945CEDC
iPhone4
EFD32728-C69E-4511-910E-1C52364BA085
iPad

さらにGoogleカレンダーとExchange同期することで、真価を発揮し、
iPhone4⇔Googleカレンダー(PC)⇔iPad 間でデータを共有、どれかのデータがなくなったとしても、それぞれがバックアップになるので、安心。(自分の場合はさらにメーラーThunderbirdにも同期させている)

では、iPhone(iPad)でのExchange同期の方法を。

設定→メール/連絡先/カレンダー  でアカウントの追加  を選択し、Exchangeを選択。

入力項目はこんな感じ。

B83833C3-845D-4BDE-8E5F-14A681FAB6F4

あとはできたアカウントで何を同期するか選択。Googleの場合は現状、カレンダーと連絡先が同期できる。連絡先の話は次回。
メール/連絡先/カレンダー の中のカレンダーの設定に、同期 という欄があるが、自分はこれを、過去1か月 に設定。(あまり過去の予定を確認することがないので)

注意  アカウント作成の前に
iOS4ではどうか分からないが、以前、アカウント作成前にiPhoneのカレンダーに入力済みだった予定が、最初の同期をしたら消えたことがある。安全のため、必要な予定は全部Googleカレンダーのほうに入力してからアカウント作成したほうがいいと思う。(これは連絡先も同様)

一度同期してしまえば、あとはiPhoneからでもGoogleカレンダー(PC)からでもiPadからでも予定の作成、編集が自由自在。便利過ぎ。

ただ、ここまでの設定では、Googleカレンダーはひとつしか同期できない。複数のカレンダーを同期するには、GoogleSyncというサイトにアクセス、Googleアカウントでログインして、どのカレンダーを同期対象にするか設定する必要がある。
GoogleSync(iPhone,iPadでアクセス)
https://www.google.com/accounts/ServiceLogin?service=mobilesync&passive=true&nui=1&continue=https://m.google.com/sync/settings/iconfig/&followup=https://m.google.com/sync/settings/iconfig/
設定画面
5759CDE1-C044-44E7-8BAE-6751F27B49D1

カレンダーアプリ、Googleカレンダーで不便に感じるのは、週表示や月表示画面で予定のコピーができないこと。勤務シフトなど、同じ予定を何個も作りたい場合にとても不便。
そこでオススメなのが、CalenGoo
8312F4A7-D3EF-42D9-BE9F-10F1B5B057EE
最近のアップデートで、ドラッグ&ドロップでの予定の移動やコピーができるようになった。
AB7CEE7D-9E5B-4A18-8642-3F9C5AAAE5E7
すごくイイ!
リマインダもGoogleカレンダーと同様に複数作れる。
さらにCalenGooはユニバーサルアプリなので、iPhone、iPad両方のバーションを一度に購入でき、おサイフにやさしい。
iPadのほうが画面が大きいので、当然、断然入力がしやすい。

現状、ドラッグでコピーしたときに、リマインダがコピーされるときとされないときがあるみたいなので、アップデートでの修正に期待したい。

自分は、閲覧にはカレンダーアプリ、予定作成にはCalenGooというように使い分けている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 4日 (木)

Pi Cubed

電卓アプリ「Pi Cubed

Pi_cubed  

1200円もするのでかなり迷ったが、画面の美しさに負けて購入。見た目にヨワイ私。
簡単操作、複雑な数式の表示もキレイ。保存(ブックマーク)もできるし、メールで送信も可。

作者サイト&動画

 

Brog_ranking 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 7日 (金)

Remember The Milkで快適タスク管理

Rtmicon_3 iPhoneアプリ「Remember The Milk」

Webベースの高機能なToDo管理ツールである「Remember The Milk(RTM)」のiPhoneアプリ版。

無料!

ただし、RTMのプロアカウント登録(年間25ドル)は必要。

いままでは、互換アプリの「ToDo」(有料)を使っていたが、待望のネイティブアプリ登場だ。「ToDo」の購入代金が無駄になってしまったが仕方がないか...。

同じくネイティブのiPhone用Webアプリもあるが、それよりも使い勝手がよく、動作も軽い。

Rtm1_3

↑起動画面

PCでできるタスク管理機能のほとんど(全部?)を使用できる。(さすがにユーザーアカウントの管理までは無理だが)

Rtm2_2

「場所」はiPhoneのロケーションサービスを利用して、現在地の近くにあるタスクを検索できる他、「場所」の追加も、現在地、キーワードや住所等の検索結果から追加することができ、便利だ。

「タグ」や「リスト」はもちろん、「スマートリスト」の抽出条件の設定もiPhoneからできるようになっている。

サーバーとは自動同期(自動、WiFiのみ自動、手動)するので、PC、iPhoneのどちらからでもシームレスに管理、編集できて、オフラインでの作業も可能。

最強ToDoアプリか!?

”年間25ドル”だけが弱点。

 

Brog_ranking

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月15日 (金)

アドレスブックとカレンダーのプッシュ同期

NuevaSyncというサービス。これはGoogleカレンダーとアドレスブックをプッシュ同期してくれるスグレモノ!

設定方法はこちらのHPを参考にした。

iPhone 3G と Google カレンダーを自動プッシュで同期する NuevaSync

今まではカレンダー、アドレスをOutlookで作り、iTunesでiPnoneに同期、「Plaxo」や「GoogleCalenderSync」を使ってGoogleに同期していたが、手動で同期しなければいけなくてめんどくさかった。

NuevaSyncは、Googleカレンダー、アドレスブックをOTA(OverTheAir)同期してくれる。iPhoneではMicrosoftExchangeを使って設定をする。

自動同期で、Google、iPhoneどちらからでも編集できるので、とっても便利! ポップアップでの通知も同期できるらしい。

自分の場合はさらにGoogleとThunderbird間でもアドレスとカレンダーを同期させている。

(Thunderbirdのアドオン「Lightning」、「Provider for Google Calendar」、「Zindus」使用)

これで、iPhone、Google(ネット上)、Thunderbird(MyHDD)の3者間でアドレスとカレンダーの自動同期環境が実現している。

ただし、お互いに共通した項目だけが同期されるので工夫が必要。アドレスは、Googleでグループを作ってもiPhoneやThunderbirdには反映されない。

iPhoneのバッテリーの減り具合が気になるなら、NuevaSyncのプッシュをやめてフェッチの「手動」とか「1時間ごと」とかにするといいかも。

 

おススメですよ。

Brog_ranking

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Internet | iPad | iPhone | Lifehack | Tools